So-net無料ブログ作成

介護費用保険、各社保障の内容は様々 [生命保険]

介護費用保険は、生命保険会社でも損害保険会社でも扱っています。単独の商品として売られる場合、特約として付保する場合、終身保険や個人年金から介護保障へ移行する場合などがあります。

上記の保障をすべて備えた商品はなく、アフラックの「介護保険MASTER」のように軽度の介護状態(要介護1程度)もサポートするものがあったり、「介護のちから」のように臨時費用が支払われたりなど、商品によって保障内容や特徴がわかれます。加入者はよく商品の内容を検討しておく必要があります。

保険期間は終身です。あくまでも介護費用が対象のため死亡保障は原則としてありません。ソニー生命の「ナーシングニーズ特約」のように、介護状態になった時点で介護のために保険を使うか死亡保障として残すかの選択ができるものもあります。

いずれにしても、公的保険だけではカバーできない場合の保険ですから、これだけで完璧に介護の準備をしようとする必要はありませんし、もし用意するなら保険料の負担はかなりのものになります。公的保険との兼ね合いで検討すべきものでしょう。

さあ、ではまとめますよ。介護費用保険のメリットは、公的保険の足りない部分を補える。生保でも損保でも加入できることなどです。一方、介護費用保険のデメリットは、商品によって保障内容や特徴がわかれるので、。公的保険との兼ね合いで検討すべしということです。その点をこころしながらじっくり商品の検討をしたらいいのではないかと思います。

【参考文献】
『生命保険のウソ・ホント』(九天社) 草野直樹 著
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0