So-net無料ブログ作成
コレステロール ブログトップ
前の10件 | 次の10件

肝や内臓なども注意 [コレステロール]

また、卵類と並んでコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)がたくさん含まれているものには、肝や内臓などがあるといわれていて、アンコウの肝や鰻の肝、鶏レバーや豚レバーなどもコレステロールがたくさん含まれている食材と思っているのです。卵や魚卵、肝や内臓の他にコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)をたくさん含んだ食材として、魚類があげられるでしょう。

続きを読む


タグ: 内臓

ピータンや筋子 [コレステロール]

ピータンというのをご存知ですか。皮蛋と書きます。アヒルの卵ですね。アルカリ下で熟成させて製造します。ピータンの作り方はさておくとして、そのピータンもコレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)の多い食材として有名です。中華料理には欠かせない食材なんですけどね。常に私たちの日常の食卓に並ぶ、という食材ではありません。ただ、全く無縁というわけでもありません。そのピータンも100グラムあたり680ミリグラムのコレステロールを含むといわれています。さらに、筋子やキャビア、タラコやウニなどといった高級料理には定番の魚卵にもコレステロール(いわゆる悪玉コレステロールのことです)が多くふくまれているといわれています。高級料理でもそういうことはあるんですね。コレステロールは安い食材だから多い、高いから少ないというわけではないのです。

続きを読む


コレステロールの多い食品 [コレステロール]

コレステロールの多い食品てどんなものが頭に浮かびますか。あるデータをもとにズラズラあげてみますと、たまご(卵黄)、ウニしらす干、するめ、ピータン、焼きたらこほたるいか、たたみいわし、あんきも、しらす干、めんたいこ、牛レバ、桜えび、すじこ、いか、いか、牛肉(第一胃/ミノ)、フォアグラ……。魚介類と肉が続きます。とくに、肉よりもカラダにいいといわれている魚介類が上位を占めているのがわかります。これでは、何を食べていいかわからないと思ってしまいますが、まあ食べ物にはいろいろな要素があるので、これらを食べたからといってただちに体内コレステロールが揚がるわけではありません。

続きを読む


脂肪肝や胆石症 [コレステロール]

高コレステロールで考えられるリスクは、ほかには脂肪肝や胆石症でしょうか。脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝や胆石症も適切な治療を行わなければ、重症化してしまう事も考えられるのです。コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)が高くなると、生命にかかわる重い病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が発症してしまう事がありますので、日頃からコレステロール値(中高年になったら、毎年チェックしたいものですね)には気をつけていた方がいいでしょう。

続きを読む


高コレステロール病 [コレステロール]

コレステロールを高くするなといいますが、では高コレステロールだと何が悪いのでしょうか。コレステロールが高い場合に引き起こされる病気は、他にも、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)や脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)肝、胆石症といったものがあります。糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)では血管を傷つけてしまったり、腎臓や眼などと言った働きに影響が出てしまう事があるだけで無くて、動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)にかかる可能性も高くなってます。

続きを読む


コレステロールそもそも論 [コレステロール]

コレステロールについてずっと書いているんですが、ここで改めて復習してみましょうね。コレステロールという言葉をよく聞きますけど、コレステロールというのは、人間の臓器や血液などすべての組織にある脂質のことをさします。要するにコレステロールの分子は、生体膜を構成したり、様々な生命現象に影響をもたらしたり、性ホルモンや副腎皮質ホルモンや胆汁の原料になったりする重要な化合物で、主要な生体分子なんですね。

続きを読む


タグ:善玉 悪玉

コレステロールが高い場合の病気 [コレステロール]

コレステロールが高い場合には引き起こる病気は、他にも、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)や脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)肝、胆石症などがありますね。糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)では血管を傷つけたり、腎臓や眼などと言った働きに影響が出てしまう事があるだけで無くて、動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)にかかる可能性も高くなってます。

続きを読む


ピンときませんか [コレステロール]

コレステロールの値って健康診断で出ますが、あんまり重視していないですよね。
でもやっぱり高いと心肺です。
動脈硬化(脳梗塞や心筋梗塞の原因になり、深刻な後遺症が生じたり、死に至る危険性も高いです)になり、弾力を失ってしまった血管が、高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)などを引き金にして脳内で破れてしまうと、脳出血を引き起こして、命に関わる重篤な症状になる可能性もあるでしょう。また、心臓へ血液を送る血管でコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)が溜まって狭くなることで、狭心症や心筋梗塞(冠動脈の血流量が低下し、虚血状態から壊死した状態のことです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コレステロールと動脈硬化 [コレステロール]

コレステロールで心配される疾患は、心筋梗塞や動脈硬化ですね。
動脈硬化(生活習慣を改善するなどして、早めに予防することが大切です)になってしまった場合には、いろいろな他の病気を招いてしまうともいわれています。動脈硬化(健康診断を受けることで早期発見が可能となります)になってしまったら、血管が狭くなって血栓が詰まることがあります。脳の血管でこの症状があらわれると脳梗塞(脳の血管に血栓などが詭まって、血流を遮断することで脳細胞が壊死してしまうことで起こります)を起こしてしまうことになりますね。その原因などは次回に。

続きを読む


コレステロールの恐怖 [コレステロール]

どうもです。前回予告しちゃったんで、コレステロールについて書きますよ。
コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)が高いことで発症する病気には、動脈硬化(健康診断を受けることで早期発見が可能となります)があるんでしょうか。コレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)の値が高くなったら血管の内側の壁にたまっていくといわれていて、特に心臓や脳といった主要となっている太い動脈でこの症状は起こります。血管内側の壁にコレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)がたまると、カルシウムなんかもたまるようになって、血管が硬くなる動脈硬化(健康診断を受けることで早期発見が可能となります)と言う病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を引き起こすのです。以下は次回ね。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 コレステロール ブログトップ