So-net無料ブログ作成
コレステロール ブログトップ
前の10件 | -

正しくコントロール [コレステロール]

コレステロール、いよいよ今回が最終回です。
コレステロール値のコントロールには、運動がいいと前回書きました。それによって悪玉コレステロールが減ります。それだけでなく、善玉コレステロールを減らす働きをもつ中性脂肪を燃焼させる効果もある為、より一層、善玉コレステロール(血管の内側に付いてしまったコレステロールを剥がして、肝臓に運びます)を増やす事が出来るということなんです。しかし、脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)や中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)は、一定時間以上の運動しないとエネルギーに消費されないので、一回の運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)で三十分以上の有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を行う必要があるのです。それに、コレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)するためには、この有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を継続させる事も大切みたいですね。ウォーキング(自宅やジムでできるマシンなどもありますが、外を歩くと脳への刺激にもなります)やジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで赭るスロージョギングも流行っているようです)の他にも有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)には、水泳やエアロビクス、サイクリング(ポタリング、ファースト・ラン、ツーリングなどに分けることができます)などがあり、これらの有酸素運動を行う事でコレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)を下げるとともに、心肺機能の強化や体力向上なんかも見込めるはずです。コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)を減らしたい時には、適度な有酸素運動を続ける事で行ってみては?

続きを読む


運動の効果 [コレステロール]

コレステロールもいよいよ佳境に入りました。
今までいろいろなことを書いてきましたが、要するにコレステロールは、私たちの体に必要なもの。でもその数値が正常でないと様々な問題を生じるということです。ではそのコレステロールはどうやって数値を正常なものにすればいいのでしょうか。
ひとつには運動ですね。運動は、コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)と大きく関連すると言われています。コレステロールの数字をコントロールするには運動でするといいといわれています。
コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)と2種類があることは書きましたが、コレステロール値が高いと言われる状態の際には、悪玉コレステロールが高い場合にはそのような状態にあるかも知れません。この悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)を減少させるためには、ウォーキング(ウォーキング教室に参加すると正しい歩き方を学ぶことができます)や軽いジョギング(ランニングよりもゆったりとしたペースで赭ることをいいます)などといった有酸素運動により、体内脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)を燃やす事が効果的な方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)といわれます。また、有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を行ったら、悪玉コレステロール(この?値が高すぎると、動脈硬化である可能性があります)を減少させるだけでなく、善玉コレステロール(高比重リポたんぱくコレステロールのことをいい、小型で比重が高いHDLコレステロールには、動脈硬化を予防する働きがあります)を増やすという点もわかっているのです。

続きを読む


タグ:運動

不飽和脂肪酸は2種類あります [コレステロール]

不飽和脂肪酸というものは、前にも書きましたが、ビタミンcと同じで人間の体内では生成できない成分なんですね。そうなると食品から摂取しなけれねならない。では何を食べたらいいかという話になるわけです。不飽和脂肪(魚類や一部の植物油です)酸は、多価不飽和脂肪(いろいろな食べ物に含まれています)酸と一価不飽和脂肪(外食で摂り過ぎてしまう傾向があります)酸という2種類があります。多価不飽和脂肪(正しく読めますか)酸は、不飽和脂肪(暴飲暴食をしていると、蓄積します)酸の中にもコレステロールを下げる働きが高いといわれているんですが、悪玉コレステロール(血管の中に、余分なコレステロールを放置するといわれています)も善玉コレステロール(高比重リポたんぱくコレステロールのことをいい、小型で比重が高いHDLコレステロールには、動脈硬化を予防する働きがあります)も両方減らしてしまう特徴があって、多価不飽和脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)酸の摂取の量には留意しないといけませんね。いろいろ複雑です。

では今日の日記です。

続きを読む


不飽和脂肪酸の話 [コレステロール]

不飽和脂肪酸ていう言葉ならご存知ですよね。文字をそのまま説明すれば、不飽和の炭素結合をもつ脂肪酸。もちろん、これだけじゃ、なんのこっちゃですよね。まあ簡単に言いますと、魚類やオリーブオイルなど一部の植物油に多く含まれる油です。不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。一方、肉類は飽和脂肪酸ですよね。そうです。不飽和脂肪酸の方が、飽和脂肪酸よりも健康にいいといわれているのです。どうしてかわかりますか。不飽和脂肪酸には、今回話題にしている悪玉コレステロールを下げる働きがあるのです。オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸などがそうですね。しかもそれだけでなく、n-3系脂肪酸といわれるものは、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やすといわれています。えごま油や、なたね油などに含まれているα-リノレン酸というものがそうですね。α-リノレン酸は、ビタミンCと同じで体内で合成できない脂肪酸なのです。ですから食べ物で摂らなければなりません。摂取すると、体内でIPA、DHAへと変化していきます。

続きを読む


悪玉コレステロールの真実 [コレステロール]

コレステロール(脂質遊離脂肪酸)が、すごく高いと言われている時の値(暴飲暴食で高まります)は、このLDLコレステロール(コリステロールといいそうですね)を示しているんです。いわゆる悪玉ですね。LDL値が高い場合には、溜まったコレステロール(ステロイド(つかいすぎはきけん)ホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)によっては血管(全身にいきわたっています)を詰まらせやすくなってしまって、脳梗塞(脳卒中のひとつですね、つまるのは脳梗塞、やぶれるのは脳出血ですね)や動脈硬化(心臓の病気ですね)といった生命にかかわる重篤な病気を引き起こしてしまう可能性があるになると思います。一方、HD(たった1文字違い)lコレステロールは、一般的に善玉(?値が低すぎる時は、糖尿病や動脈硬化が疑われます)と言われるコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)です。HDLコレステロールは、全身(ほんとうにすみずみです)にたまった悪玉コレステロール(LDLの別名ですね)を連れて肝臓に戻る働きをするコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)だと言われ、人間はLDLコレステロールとこのHDLコレステロールのバランスが取れている事で、健康を維持しているようです。値(中高年になったら、毎年チェックしたいものですね)は、この2種類のコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)の数値の変化で体の健康の具合を評価しているものということになります。そのために、2種類のコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)の存在や働きを知っておけね、役に立つといえるでしょう。

続きを読む


善玉と悪玉 [コレステロール]

コレステロール(低すぎても高すぎてもいけません)は血中脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)のことを指し、2つの種類があるものですが、知っていましたか?毎回書いている、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのことなんですけどね。普段はどっちもコレステロールと一纏めに言う事が多いのですが、実際にはLDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。これ大事なところです。コレステロール(脂質です)は、血液中に存在し、血液と共に体の中を移動しています。LDLコレステロールは、一般的に悪玉コレステロール(肝硬変や甲状腺機能亢進症などを発症すると、?値が低くなります)と言われているコレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)で、肝臓から出発して全身へ向かい、血管の壁にたまっていくコレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)です。

続きを読む


タグ:善玉と悪玉

疲れやすくありませんか [コレステロール]

コレステロールが正常値でないことは、疲れやすいという問題を発生させかねません。さらには、食欲が低下するといった症状が現れ、健康を害してしまうこともありえます。ですから侮れないのです。コレステロールは他にも、胆汁(胆汁色素が大便を茶色や黄褐色にしているそうです)の原料となる役割(地味ですが大切な役割です)をもっているのです。人間はコレステロール(昔はとにかく高いとダメといわれました)があることにより、肝臓から出される脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の消化や吸収を助ける胆汁(胆管胆汁、胆のう胆汁、肝胆汁に分類されるでしょう)酸を作ることができます。胆汁(たんじゅう、一日に500ml~800mlほど肝臓から分泌されるアルカリ性の液体)酸により、水(水溶性といいます)に溶け辛い脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が代わってきます)を水に溶けやすくする事が出来、脂肪(糖質(炭水化物)、たんぱく質とともに、有機栄養素のひとつです)の消化吸収をサポートしているのではない、と思われます。ことほどさように、コレステロール(いかにも脂肪という名前ですね)と言うべきものは、人間の生命維持(生きるためには食べ物だけではありませんが)には必要不可欠という事が判ることと思います。では私の昨日の話です。

続きを読む


タグ:疲れやすい

コレステロールと不妊 [コレステロール]

コレステロールは減らせばいいといわれている昨今では意外と知られていないことですが、コレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)はホルモン(ホルモン焼きとは全然別物です)を作り出す原料ともなっているわけです。特に精巣や卵巣、胎盤などと言った子孫を残すためのホルモンは、コレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)からできるのでいるホルモンだと言われているので、コレステロール(適度な運動も悪玉コレステロール値を減らして善玉コレステロールを増やすためには有効だといわれています)が不足して、ホルモンを作りだすことができなくなると、身体の機能に影響が出てしまうのです。言い方を変えれば、コレステロール値があまり低すぎても不妊になる。その数値を上げれば懐妊の可能性ができる、ということもいえるかもしれません。これ、すごい発見ですよね。

続きを読む


タグ:不妊

悪玉だって必要 [コレステロール]

コレステロール(善玉と悪玉があるということは前回書きました)は溜まり過ぎることで、大きな病気を引き起してしまう可能性がある事が知られている為に、コレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)自体に悪い印象(いんしょう)をもたれている人もいろいろいることは想像つきます。しかし、コレステロール(脂肪ですね)は、人間の代謝を機能(きのう)させる為には、不可欠なものですね。前回も書きましたが、善玉と悪玉があり、悪玉もたんなる呼び方の問題で、それ自体は体に必要なものです。コレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)は脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)の一種であり、体中の数沢山の細胞(さいぼう)を包む細胞膜を強化して、免疫力を高めるという働きをしているだけでなく、脳の中の神経細胞でも働き、脳から身体の各器官に指令を出しています。

続きを読む


タグ:悪玉

適度が良い [コレステロール]

コレステロールは善玉と悪玉とよばれるものがありますが、本当の意味での「悪」ではありません。多すぎてはいけないということで、もともと体には必要なものです。訳もなく食べがちな魚類かといって、するめやししゃも、タタミイワシなどにはたくさんコレステロール(適度な運動もコレステロール値を減らすためには有効だといわれています)が含まれていますし、イカや桜エビなどにも多くコレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)を含有しているんです。一般的にコレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)の摂取量は、成人男性で1日に七百五十ミリグラム未満、成人女性で1日に600mg未満みたいですよ。コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)の摂取量が少なすぎても、多過ぎても身体に支障が出てしまうので、コレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)の摂取には気を配るようにするとよいかもしれませんね。

続きを読む


前の10件 | - コレステロール ブログトップ