So-net無料ブログ作成
検索選択

家で暴力を振るわれる場合の対処法って? [離婚]

家で暴力を振るわれる場合の対処法としては、一日も早く逃げることが最もいい方法でしょう。本人に治したいという強い意志があったとしても、ドメスティック・バイオレンス(DV)の矯正は困難だといわれています。




もし、加害者に罪の意識があり、本当にDVをやめたいと思っているのであれば、夫婦揃ってカウンセリングに行き、様子をみるのもいいかもしれません。

近年では、DV問題専門のカウンセラーもいますから、相談してみるといいでしょう。

ただし、加害者の側に罪の意識がない場合、または口では謝ったりしても行動が改善されない場合には、距離を置いたり、離婚を考えるのが、やはり、最善策になります。

家で暴力を振るわれる場合によくありがちなのが、暴力を振るった後のある程度の期間は加害者が優しくなり、その姿がその人の本当の姿だと被害者が思ってしまうことです。

そう思ってしまうと、我慢していればいつかは暴力を振るわなくなるのでは、とか、自分が相手を満足させていれば暴力を振るわれないのではなどと判断を誤ってしまいます。

DVというのは、暴力を振るわれる、加害者が優しくなる、いつ暴力を振るわれるのかと緊迫した状況が続くというサイクルを繰り返すことがほとんどです。

そして、そのサイクルを繰り返しているうちに、暴力がエスカレートしていくことも多いでしょう。

家で暴力を振るわれる場合には、とにかく、一人で抱え込まずに誰かに相談してください。

警察の生活安全課でも相談できますし、配偶者暴力相談支援センターや各都道府県の婦人相談所に電話するのもオススメです。



nice!(8) 

nice! 8