So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚調停とは? [離婚]

離婚することでは合意したものの、慰謝料や親権、養育費などで揉めていて、協議離婚できないというケースも全体の約一割程度はあるようです。ただ、協議離婚が不可能だとしても、すぐに離婚裁判に持ち込めるわけではありません。




必ず、家庭裁判所に調停の申し立てを行って、「調停不成立」になってからでないと、離婚訴訟は起こせないのです。

離婚調停で合意に至ることができれば、調停離婚が成立します。

離婚調停での話し合いで合意して、調停離婚する割合は全体の9%程度です。

離婚調停は、家庭裁判所に調停の申し立てを行い、夫婦それぞれが調停員や家事審判官に事情や言い分、希望などを伝えることで、合意点を探していきます。

納得いかないのに無理に合意させられることはありませんし、直接相手と話し合うわけではないのです。

また、家庭内暴力といったことが原因で、相手に自分の現住所を知られたくない、絶対に相手に会いたくないという場合には、予め申し立てることで配慮してもらえます。

離婚調停は一ヵ月に一回の割合で行われ、一回に付き、三十分から四十分くらいで終わるのが一般的です。

離婚調停をした六割程度の方が三ヶ月以内に、六ヶ月までには八割程度の方が合意に至るといわれています。

六ヶ月経っても合意に至ることができなければ、不成立、もしくは、取り下げとなるでしょう。

調停不成立になった後に、離婚訴訟を起こすという流れになります。

離婚調停で合意に至ったとしても、必ずしも調停離婚になってしまうわけではなく、戸籍上は協議離婚ということにもできます。



nice!(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。