So-net無料ブログ作成
検索選択

アロマテラピー検定に合格するとこんな仕事ができる [アロマ]

アロマテラピー検定。試験に合格したとして、ではどんな仕事ができるようになるのでしょうか。アロマテラピー検定(アロマテラピーの資格によっては、せっかく取得してもあまり就職などの役には立たないこともありますから、口コミなどをよく調べた方がいいかもしれません)は国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)っぽい公的な試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)ではなく、民間の資格試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)ですから、それ自体に法的な強制力は無いでしょう。けれど、アロマテラピー(植物性由来の芳香成分を利用して心身の健康の促進を図る療法ですね)の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を持っていた方が何かと有利となる仕事も存在しています。

aroma5.jpg

それでは、アロマテラピーの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を生かした仕事には、一体どんなものがあるのでしょうか。まず、すぐに思い浮かぶ仕事には、アロマテラピーアドバイザー(アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講するか、アドバイザー認定スクールで標準カリキュラムを修了してアロマテラピーアドバイザー認定講習会免除申請書を提出すれね認定されるのだとか)、アロマテラピー(植物性由来の芳香成分を利用して心身の健康の促進を図る療法ですね)インストラクター、アロマテラピスト(いくつかの団体があり、それぞれに資格を認定していますから、どの資格が自分に適しているのか、慎重に選んだ方がいいかもしれません)等が挙げられます。

アロマテラピーアドバイザー(アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講するか、アドバイザー認定スクールで標準カリキュラムを修了してアロマテラピーアドバイザー認定講習会免除申請書を提出すれね認定されるのだとか)は、一般の人に安全なアロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)に関するアドバイスする仕事、アロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)インストラクター(知識だけでなく教え方の技術も重要になるでしょう)は、正しいアロマテラピー(精油を使用する療法ですが、お香や香水などの香りのリラクゼーション効果も含むことがあるようです)を実践できるように適切に指導する仕事、アロマテラピストは、アロマを使用して体や心のリラクゼーション(心身ともにくつろいでリラックスすることですね)を促進し、また体調不良(独特のファッションを好むことが多いようです)を除去するサポートをする仕ということになります。

当然ながら、何れもアロマに関係あるものばかりだといわれています。これらの仕事に就くには、やはり、アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)の資格を取る事が必要最低限になるでしょう。

また、エステティシャン(お肌のお手入れはもちろん、脱毛や痩身など、美容に関する専門的な知識と技術力が必要な職業ですね)の仕ことでも、アロマテラピー資格(複?の団体がそれぞれに資格を認定していて、どれを取得すれねいいのかわからないことも少なくありません)を取得しておくと有利に働くケースもあるかもしれませんね。

近年では、多?のエステサロンでアロマを取り入れているのですので、その資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)が役立つ場面がきっとあるんです。

ただ、アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)だけで生計が立てられる程、世の中は甘くないため、その点は覚悟しておいてくださいね。

アロマテラピー検定。実に奥が深いです。

赤チェックシート付 一発合格!アロマテラピー検定1級・2級 テキスト&問題集

赤チェックシート付 一発合格!アロマテラピー検定1級・2級 テキスト&問題集

  • 作者: 木田 順子
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2012/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。