So-net無料ブログ作成

アロマテラピー検定ってご存じですか [アロマ]

アロマテラピーには検定試験もあるのです。アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)にも、通常の資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)と同様に「アロマテラピー検定」というものがあるということをご存知でしたか?

aroma4.jpg

アロマテラピー検定とは、日本アロマ環境協会が実施しているどのような方でも受験可能なオープンな民間の資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)で、一級と二級に分けられているのです。

それでは、このアロマテラピー検定(アロマテラピーには公的な資格はなく、各種アロマ団体がそれぞれに検定・認定を行う民間資格しかありません)の勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)のやり人には、一体どういうものがあるんでしょう。

まず、アロマテラピー検定(アロマテラピーに関する資格を認定している団体は、代表的なものだけでも、日本アロマコーディネーター協会、社団法人日本アロマ環境協会、ナード・アロマテラピー協会、世界アロマセラピー機構があります)には、ちゃんと専用のテキストを用意しています。

試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)はこの専用のテキストから出題されるので、テキストを買ってきちんと勉強しておけば、独学(周囲の人のペースに合わせる必要はありませんが、継続するには強い意志が必要となります)でも合格は充分にできるようになりました。

アロマテラピー検定(アロマテラピーの資格によっては、せっかく取得してもあまり就職などの役には立たないこともありますから、口コミなどをよく調べた方がいいかもしれません)の合格率が90%と言うのも、うれしい数字になるものです。ただ、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)ではやっぱり不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)だと言う方には、専門学校(職業、または、生活に必要な能力の育成や教養の向上を図ることを目的しています。

一年以上の修業期間があり、800時間以上の年間授業時?で、生徒?が常時40人以上いることという規定があります)や通信講座(自分のペースで、開いた時間を有効に利用して勉強できるのが一番の魅力ですね)も存在していますから、自分に合った手段で試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)に向けてまなんでいけばよいかもしれませんね。

試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に向けて勉強した期間かと言って、土日に集中的に勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)しますからあれば、一か月前からでも十分に間に合うのではないかと思います。但し、精油(植物などの天然素材が大量に必要になり、抽出にも手間がかかるため、けして安くはないでしょう)に関する学名や科名、産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)、抽出部位、成分、作用など、覚えることが?多くあるので、暗記が苦手だという方でしたら、時間的に余裕を持って勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)を開始した方が無難です。

アロマテラピー検定(どの団体のどんなアロマテラピーの資格を取得するかで難易度がかなり違ってくるでしょう)はほとんど暗記(得意な人は得意、不得意な人は不得意だといわれていますね)が中心となってきますので、コツコツ繰り返し覚えていく勉強のやり方が、合格する確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)が高くなる勉強方法ようです。

アロマテラピー検定。興味がつきません。

1回で受かる! アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集

1回で受かる! アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集

  • 作者: 長谷川 由美
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2011/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。