So-net無料ブログ作成

アロマテラピーの効果 [アロマ]

アロマテラピー。今その効果が話題になっています。「アロマテラピー(精油を使用する療法ですが、お香や香水などの香りのリラクゼーション効果も含むことがあるようです)」って、御存知でしょうか。アロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)とは、エッセンシャルオイルを利用してた香り(Aroma)の療法(therapy)の事を言うのです。

aroma3.jpg

以前ブーム(誰も彼もが熱中してしまうわけですが、冷めてしまうのも早いです)になった事もあるため、日常で取り入れている人もいますね。だけど、実際はアロマテラピー(植物性由来の芳香成分を利用して心身の健康の促進を図る療法ですね)にどういう効果的であるのか、良く判っていない方も多いためは?それでは、アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)には一体どういった効果があるようです。

まず、アロマテラピー(精油を使用する療法ですが、お香や香水などの香りのリラクゼーション効果も含むことがあるようです)の目的として使われる多くは、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)の軽減やリラクゼーション(副交感神経の働きが優位になり、交感神経の働きが抑えられている状態のことです。どうすれねそうなるかには個人差があるでしょう)です。

どのような人でも、好きな香りを嗅いだ時や、森林の香り(フィトンチッド、ヒノキチオール、テルピネオールなどの香りや清浄な空気のもたらす精神安定効果は素晴らしいですね)を嗅いだ時には、何の気なしにリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)した気分ものです。

それは、香りが脳の感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)や欲求を感じる所から、自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)をコントロールしたり、体温(最近では低体温の人が増えているそうです)やホルモン調節をしたりする部分へと伝わり、心や身体に影響を与えている為です。

イライラを治したい、やる気(自分なりの儀式を決め、自己暗示をかけるのも、やる気を出すための有効な方法だといわれています)を出したい、ぐっすり眠りたい、集中力(あらゆることを行う際に必要とされ、その成果を左右するでしょう)をつけたいなど、感情や欲求をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)したい場合には、アロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)を試してみるといいかもしれませんよ。

人間が本来持っている自然治癒力(人や動物が持っている何もしなくても自然に不具合を治せる力のことです)を高めるというのが、アロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)の効果と言われているのです。

また、アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)は香りをたのしむに限った事ではなく、このエッセンシャルオイルを使ってマッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)を行う事も可能です。

心地の良い香りに包まれながら優しくマッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)してあげることにより、血流やリンパの流れもよくなって、体調を整える働きもあるのですね。

アロマテラピーの効果についてでした。



nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。