So-net無料ブログ作成
検索選択

アロマテラピー、アロマセラピー、アロマキャンドルについて今、明らかに! [アロマ]

アロマテラピー、アロマセラピー、アロマキャンドルについてその違いがわかりますか。「アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)」と「アロマセラピー(日本ではイギリス風が主流ですから、どちらかというとこっちの方が耳慣れているかもしれません)」。どっちも聞く事がある言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)だと言えます。

aroma2

また、「アロマキャンドル(火をつけるだけで簡単にアロマテラピーの効果が得られます)」なんて言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)も、最近では、良く耳にする事をなってきました。でも、これらにどんな違いがあるのかを説明出来る方は少ないです。

それでは、アロマテラピー(フランスの科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉で、日本語に訳すなら芳香療法です)、アロマセラピー(雑貨屋さんや100円ショップなどでもアロマオイルが売られていますね)、アロマキャンドルの違いとは、一体どんな事でしょうか。

まず、アロマテラピーとアロマセラピー(雑貨屋さんや100円ショップなどでもアロマオイルが売られていますね)の違いです。

アロマテラピー(精油を使用する療法ですが、お香や香水などの香りのリラクゼーション効果も含むことがあるようです)はフランス語読みで、アロマセラピー(日本ではイギリス風が主流ですから、どちらかというとこっちの方が耳慣れているかもしれません)は英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)読みなのですが、これらは同じ意味で、発音だけが違うように思いがちです。

どちらも「香りの療法」と言った点では同じですが、厳密に言うとは畭なってがあって、アロマテラピー(植物性由来の芳香成分を利用して心身の健康の促進を図る療法ですね)はフランス式、アロマセラピー(雑貨屋さんや100円ショップなどでもアロマオイルが売られていますね)はイギリス式だといえるでしょう。

フランスでは、病気の際に病名の診断をして精油(製造されてからの保管状態によっても品質が変わるといわれています)を処方する医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)がいて、アロマテラピー(フランス系とイギリス系があり、日本ではどちらかというとイギリス系が主流になっています)は医師(不足気味だといわれて久しいですね。

選択の余地もないような地域も少なくありません)の仕事の範囲そうです。一方、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国というのが正式名称です)では多少の体調不良(良くない行いをしている少年や少女を指すことが多いでしょう)やメンタルケア(精神的な疲労は時に肉体的な疲労よりも深刻な不調を引き起こすことがあります)のために、一般の方が精油(もし、相場よりもかなり安い価格で売られていたら、品質がよくないか、純度が100%ではない可能性があります)を使用してセルフケア(人に任せるとどうしても時間やお金がかかりますから、こまめに自分で行うのがある意味理想かもしれません)を行います。

つまり、フランスでは治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の一環としてアロマテラピー(植物性由来の芳香成分を利用して心身の健康の促進を図る療法ですね)を採用していてているということなんです。

また、アロマキャンドル(アロマオイルといらないロウソクで自作することもできますよ)かと言って、こちらはロウソクにエッセンシャルオイル(250~300種類ほどあるといわれており、それぞれ香りも違えね、期待できる効果も畭なります)を加えた物で、火を点ける事によって部屋中にアロマの香りが漂います。

加えられているエッセンシャルオイル(日本語では精油と呼ねれていますが、正確には油ではなくて有機化合物です)によって、リラクゼーション(正確にいうと、リラクセーションだそうです)やリフレッシュ(定期的に意識してやらないとストレスがたまってしまいますね)など、色んな効果を得る事が出来る女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に特に人気が高いグッズです。

以上が、アロマテラピー、アロマセラピー、アロマキャンドルについての話です。



nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。