So-net無料ブログ作成

自転車の事故で保険会社から損害賠償を求められた裁判 [損害保険]

保険関係のニュースで裁判のことが出ていました。自転車にはねられて意識不明になった女性の夫と保険会社が、自転車に乗っていた少年の親に損害賠償を請求したという裁判です。夫はともかくとして、保険会社が原告というのが注目すべきところですね。
小5自転車衝突、母親に9520万円賠償命令
読売新聞 7月5日(金)7時20分配信
 神戸市北区で2008年9月、当時小学5年生だった少年(15)の自転車にはねられて意識不明の状態が続いている女性(67)の夫と、保険金を支払った損害保険会社が、少年の母親に計約1億590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。
 田中智子裁判官は「自転車の運転に関する十分な指導や注意をしていたとはいえない」として、計約9520万円の支払いを命じた。
 判決によると、少年は自転車で帰宅中、歩道のない下り坂で正面から歩いてきた女性と衝突。女性は頭などを強く打ち、今も寝たきり状態が続いている。
 判決で田中裁判官は「少年の前方不注視が事故の原因」と認定。兵庫県警の鑑定書で、自転車の速度が時速20~30キロと速かったことなどを挙げ、「母親の指導は奏功しておらず、監督義務を果たしていなかった」と指摘し、「危険な運転ではなかった」などとする母親の主張を退けた。
 そのうえで、女性の成年後見人として提訴した夫に約3520万円、保険会社に約6000万円をそれぞれ払うよう命じた。
最終更新:7月5日(金)7時20分
読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000134-yom-soci

ニュースで詳細はふれていませんが、どうして保険会社が原告なのでしょうか。意識不明になった女性に対して保険金が支払われたのでしょうが、重過失がある場合、その支払いのもととなる人に対して損害賠償を請求するという点が考えさせられますね。

ということは、私たちにとっても他人事ではないと思うのです。

保険というと、自分が何か事故で怪我をしたときに支払ってもらうものという認識があると思うんですが、そうではなくて、逆に損害賠償を求められるケースもあるのだ、ということですね。

うーむ、考えさせられます。本当に考えさせられます。
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0